芸能人の恋愛・結婚・おめでた 破局・離婚!

芸能人の恋愛・結婚など、ニュースネタを扱っていきます。





健康・美容・ダイエット  ~ 情報サイト ~

斎藤佑樹投手

「人生を甘く考えている部分がある」佑ちゃんに抱かれた年上女性が苦言

「人生を甘く考えている部分がある」佑ちゃんに抱かれた年上女性が苦言


 「女性セブン」5月12・19日号より
第1位
「告白『私を抱いた佑ちゃんへ』」(「女性セブン」5月12・19日号)

第2位
「田中好子さんも勘づいていた!夫の『裏切りハワイ旅行』」(「週刊女性」5月10・17日号)

第3位
「50キロ自己規制 自分の身だけを守る卑怯な記者たち」(「週刊文春」5月5・12日号)



 オバマ米大統領は5月1日夜(日本時間2日)、ホワイトハウスで、2001年9月11日の米同時多発テロを首謀した、国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディン容疑者が死亡したと発表した。

 アメリカの一部ではお祭り騒ぎのようだが、これで反米テロが収束するわけではない。ビンラディンは"殉教者"になり、勢いづく反米グループのアメリカ本土を狙ったテロが再び起こるのではないか。

 オバマは「正義はなされた」と言った。だが、正義や大義はどちら側にもあり、ビンラディン殺害が、反米側の正義に大義を与える可能性は十分にある。

 さて、今週気を吐いたのは女性週刊誌である。その前に、1ページの短い記事だが、大手メディアのだらしなさを批判している、上杉隆氏の記事を取り上げる。

 政府は、福島第一原発から20キロ圏内を「危険区域」に設定して、20キロから30キロ圏内は避難指示を出さなかったため、大手メディアも「30キロ圏外は安全です」と繰り返し報じてきた。

 しかし、もともと大手メディアの記者たちの多くは、社内規定で50キロ圏内に入っていけないと決まっているので、30キロ圏内はおろか20キロ圏内などに入ったことはないというのだ。

 そうした大手メディアの身勝手さを上杉氏が取材してみると、その後変更された可能性はあるが、やはり「NHKが四十キロ、朝日新聞が五十キロ、時事通信が六十キロ、民放各局が五十キロ圏外に社員は退避、と定めていたのだ」。

 自分たちははるか遠くの安全圏にいて、放射能汚染の不安に直面している被災地の安全をうんぬんしているのは欺瞞だと、氏は憤る。しかも、身代わりに、フリーの記者や制作会社のスタッフを行かせて、省みることがない。

 こうした問題は、「週刊女性」でも扱っていて、こう書いている。

「4月14日、取材陣と警察が一緒に原発から10キロ圏内に入りました。同行したテレビ局は、NHK、TBS、フジテレビです。新聞は産経と毎日だけでした。読売や朝日、共同など、そのほかの新聞社や通信社は社の安全基準が厳しくて、取材に同行できませんでした」(全国紙社会部記者)

 赴任地で戦争などが起きれば、真っ先に引き上げるのは日本の大手メディアである。




応援してくれる方、1票お願いします!!
ランキングはこちらをクリック!

ハンカチ王子・斎藤佑樹投手に初の“ガチンコ”スキャンダル浮上

ハンカチ王子・斎藤佑樹投手に初の“ガチンコ”スキャンダル浮上

 デビューから2連勝とやはり何か“持ってる”日本ハムの佑ちゃんこと斎藤佑樹投手だが、女運は“持っていなかった”ようで、プロ入り初の女性スキャンダルが発覚した。


 今週発売の「女性セブン」(小学館)に元カノと名乗る女性は小柄ながら、色白でグラマーな華原朋美似。自ら同誌編集部に売り込みをかけ、告白記事とともにラブホテルでの“ベッド写真”が掲載されている。


 同誌によると、女性は佑ちゃんよりも一回り近く年上の元キャバ嬢。2人が出会ったのは07年。佑ちゃんが早大に入学したころで、女性が携帯電話の番号を添えたファンレターを出したのがきっかけとなり、その後、メールや電話でやりとりをして6月に初めて会ったという。

 その日は、日米大学野球のため米国に出発する前夜だったが、佑ちゃんが宿泊する同じホテルに女性が部屋を取り、佑ちゃんは女性の部屋で一夜を共にし、その後、08年4月ごろまで交際。女性は結婚が決まったため、「彼との関係に区切りをつけたい」と告白に踏み切ったという。

 「大学時代にも週刊誌で北川景子や深田恭子と食事デートしたのが報じられた。ところが、斎藤投手は北川のことは気に入らなかったみたいで、北川は『なんとか王子だか知らないけど、なんで私に惚れないの?』と激怒。一方、深田は齋藤投手と同じ治療院に通っており、治療院のスタッフが2人を引き合わせようとセッティングしただけ。“ガチンコ”のスキャンダルは今回が初めて」(野球担当記者)


 高校時代は甲子園で、大学時代は神宮でそのさわやかなスマイルでフィーバーを巻き起こした佑ちゃんだが、世間が抱くイメージと素顔はちょっと違うようだ。
 「とにかく女好きでかなりガードが緩い。しかも、年下よりも年上の派手な女性が好みのようで、今回告白したような女性はストライクゾーンど真ん中。ファッションもさわやか系ではなく、いわゆる某アウトロー系雑誌に登場するような“オラオラ系”を好んで着ている」(同)


 同誌の記事について報道陣から問われた佑ちゃんは「(記事が出ることを)知っています」とうつむき加減に話すにとどまったが、これで少しは女性に対するガードが堅くなりそうだ。



応援してくれる方、1票お願いします!!
ランキングはこちらをクリック!

ブログランキング投票

応援してくれる方、1票お願いします!!
投票してくれる方はこちらをクリック!

カテゴリ別アーカイブ
DVD





google
☆リンク登録
  • ライブドアブログ